2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
アーカイブ
カテゴリー
RSS
TEL 0120-77-5163受付時間:9:00~18:00 定休日:土日祝


アーカイブ

2013年12月 のアーカイブ

2013年12月15日 日曜日 2013年 トヨタ プリウス α  スマートキー 登録作業

今回の作業は、車屋さんからの依頼で、フロントガラスが、破損して 車輌からフロントガラスを取り外した状態で置いていたら、大雨になり ダッシュ板回りがビショビショに濡れてしまい、しばらくそのまま放置していたら、エンジンが始動しなくなった、とのことで、ご自分で車輌を分解して修理されたそうです。が、原因が分からずに困ってしまい、修理依頼の連絡がありました。今回の作業は、 通常スマートキーを紛失した時に、トヨタのディーラーさんが行う作業と同じように車輌のコンピュータを取り外す為に車内のダッシュ付近を分解されていました。  ですが、現在はとても素晴らしいTOOLが有りまして、車輌をバラバラにしなくても簡単にエンジン始動が出来るようになっています。従来はコンピューターを分解して、キーデータが入っているICチップを、ハンダごて等を使用して取り外す様な作業が必要でしたが、現在はそのような(ハンダ作業)は一切必要有りません。ディーラーさんへの作業依頼をしての作業時間に比較してものすごく短時間で、作業は完了します。お客様が紛失したスマートキーが発見されてもそのスマートキーは、今までと同じように使用可能ですので、安心です。

ディーラーさん作業(他の業者さんも含む)の場合、無くしたスマートキーが発見されても、使用不可能になります。家に変えればスマートキーは有るなどの、時に便利です

参考画像になりますが、ディーラーさん等の作業は、通常はこのような作業です。

 

車輌前方から                          車輌後方から

 

エンブレム                            今回登録した、スマートキー

 

今は、このような分解作業は、必要有りません。      大変な作業になります。

 

まだ、走行距離は、少ない。               参考までに、 ハンダを使用せずにデーター解析しています。

 

 

現在はトヨタ車輌のスマートキー紛失からの新規登録は、短時間で可能になっています。

困ったときは、お問い合わせください。

 

 

 

2013年12月13日 金曜日 2003年 アルファロメオ 147 セレスピード スペアーキー製作作業

アルファロメオ 147(コード2)の、スペアーキー製作作業です、前回 赤色の147の作業事例を書きましたが、今回は セレスピード仕様の並行輸入車両です、ディーラーさんからスペアーキー製作を断られて、リモコンは無いのですが エンジン始動可能なキーでの、作製になります。

 

 

車輌前方                             車輌後方

 

車内(登録用テスターを使用しています)               ダイアグコネクタに接続して作業開始

 

新しいキーにデータの書き込みをする専用TOOLです        キーにデータの書き込みをしています

 

純正キーと追加登録2本の計 3本登録              テスター画面に、3本登録が表示されて、完了。

 

今回の車両は、無事に登録成功していますが、この作業前に コンピュータ(イモBOX)のトラブルが有りましてかなり苦戦をした車輌でした。

アルファロメオ147での、電気系統トラブルが有る車輌は、簡単にスペアーキーの登録が出来ない場合が有りますので、147のオーナーさんは、

ご注意してください。

 

 

 

 

2013年12月12日 木曜日 1960年代 アルファロメオ 2600SZ  ドア・トランク 鍵製作作業

1960年代 アルファロメオ 2600SZ オープンカーの ドアと、トランクの鍵製作作業です。世田谷区の車屋さん、コレツィオーネさんからのご依頼です。

http://www.collezione.co.jp/company/

年式が低年式ですので、まず 鍵穴に入る キーブランク探しからと、シリンダー内部を覗いて、使用するキーブランクを見つけます。私のキーブランクの在庫はイタリア車輌は、1950年代頃から在庫していますので、今回のロメオ用は、在庫していました。実は過去に 個人輸入での、2600のキー製作は、経験ありで、予想していたキーブランクで、ピッタリ合いました、キーデータも保存していましたので、ドア&トランクがスムーズに回る鍵の製作完了。

車輌前方                              車輌後方

 

ドアハンドルと、シリンダー                    トランクと、シリンダー

 

車内                                エンブレム

 

2600越しの展示場                      同じく展示場

イタリア車輌が所狭しで、数多く展示して有ります、とても素敵な 眺めです。

 

 http://www.collezione.co.jp/company/

 

 

 

 

2013年12月10日 火曜日 2006年 クライスラー300C ドアシリンダー 修理作業

今回の作業は、2006年 クライスラー300Cで、ドアシリンダーを、いたずらされて、鍵が入らなくなったのでとの事で、修理依頼作業です。ドアシリンダーを無理矢理回して、車上荒らしでも、しようとしたのでしょうか?こんな状態にされたオーナーさんが、かわいそうです。でも、チャント 修理出来ますので、ご安心を。

 

いたずらされた、シリンダーが届きました。          見るも無残な状態です。

 

修復用 サービスシリンダーです。             一緒に送って頂いた キー です。

 

修理用 ディスクタンブラーセットを使用します。        修復用シリンダーに組み込んだじょうたいです。

 

キーを挿して作業完了確認します。              新品のシリンダー完成しました。

 

 

今回の作業は、クライスラー系でしたが、フォード車輌 及び GM系車輌の修理修復作業も可能です。

シリンダーと、キー を送って頂いても良いですし、お伺いしての作業も可能です。

年式 車種をご連絡頂ければ、当方の在庫と、見積もりを、ご連絡します。

輸入車以外で、トヨタ・日産など、国産車輌の修復修理も行っていますので、宜しくお願いします。

 

 

 

2013年12月7日 土曜日 2012年 トヨタ タンドラ 純正リモコン登録作業

2012年 トヨタ タンドラの、純正リモコン 追加登録作業です。 イモビライザー付き キーの追加登録作業も同時に作業しました。USAトヨタ車輌です。

 

車輌前方                              車名

 

V8   5.7L エンジン                     これは、現在使用しているキーです

 

追加登録をした、純正リモコンです。             このイモビ付きキーも追加登録しました。

 

リモコンを作りたいかたは、ご連絡を頂ければ ご準備します。

同じく イモビ付きキーの製作希望の方も、ご連絡をください。

 

 

2013年12月6日 金曜日 2002年 BMW MINI COOPER 鍵紛失からの鍵製作作業

2002年 BMW ミニクーパーの 鍵紛失。  鍵の製作作業ですが、この車輌は、イモビライザーが装着されていますので、鍵を製作しただけでは、エンジンの始動は出来ません。IGN-CYを回しても、セルモーターが作動しませんので、始動不能です、同じように、イモビライザーキーの不具合が発生した場合も、同じようにセルモーターが回りません。今回は、鍵の製作をして、さらにイモビライザー付きキーも製作して、エンジン始動成功しています。

 

車輌前方                             車輌後方

 

エンブレム                              車内

 

イモビライザーユニット(イモビデータが入っています)     製作に使用したキーブランク

 

このタイプの鍵を使用している ミニは合鍵の製作も可能ですので、無くす前に製作しましょう。

 

 

 

 

 

 

2013年12月5日 木曜日 1950年代 BMW イセッタ300  鍵紛失からの鍵、製作作業

今回は、とても珍しい車輌です。

BMWイセッタ300です、年式は不明ですが、1950年代の車輌で、さらに、右ハンドル仕様の車輌です。

ドアと、IGN-CYに刺さる、キーブランク探しから始めましたが、車輌の鍵穴の摩耗がひどくて、低年式のBMWのキーブランクが、すんなり刺さりました。

後は、シリンダーの構造を確認してキーカットして作業完了です。

 

車輌前方                               車輌後方

 

エンブレム                              ドアハンドル(鍵が有りません)

 

ドアを開いた状態                        右ハンドル仕様です

 

スピードメーター 80km/hが限界??            シフトレバー 3速? 4速?

 

ドアハンドルと、IGN-CYを車輌から、取り外して 鍵の製作作業をしました。

車輌は、レストア??途中の車輌でした。

 

 

2013年12月4日 水曜日 2004年 ランチア デルタインテグラーレ スペアーキー製作作業

2004年 ランチア インテグラーレの、スペアーキー製作作業です。この車輌は最終モデルだそうです。ドアキーがこの車輌独特の形状をしていて、ディンプルキーなのですが、キーのカット形状が独特です。IGNキーが別の 鍵を使用していますが、通常のキー形状です。低年式のアルファロメオ GTV2000にも使用されています。

ランチアでは、1970年代のデルタから使用されています。今回の車輌は、神奈川県川崎市に有る、ストリートライフさんからの作業依頼です。

http://www.streetlife.co.jp/

ランチアデルタの興味の有る方は、ストリートライフさんの HPを御覧ください。

 

車輌前方                             車輌後方

 

車内                               メーター付近

 

純正キーと、同じタイプのスペアーキー製作をします。     ストリートライフさんの、プレート

 

ランチア デルタのドア用のスペアーキーは見るからに特殊な形状のキーになっていますが、

スペアーキーの製作は、すぐに製作します。

ただし、逆に 鍵を紛失すると、特殊キーゆえに、簡単に製作をしてもらえる鍵屋さんは、少ないと思います。

当社は、この特殊キーをコンピュータマシンを使用して製作作業をしますので、精度の高いキー製作可能です。

鍵を無くす前に、スペアーキーを製作しましょう。(無くしても製作可能です。)


このページのトップへ